「ワキガ対策」年代別に気をつけたいこと

女性 脇

ワキガのニオイが発生する平均年齢は思春期を向かえる10歳~12歳頃。

小学生高学年~中学生頃にワキガ臭に気づくケースが多くなります。

このサイトでは、年代別に「ワキガ対策で気をつけたいポイント」と「最強のデオドラント」を紹介しています。

自分の年代だけではなく、10代から順番に読み進めることをおすすめします。

今の時代、ワキガ体質でも悩む必要はありません。

自分に合ったデオドラントを見つけることができれば、ワキガは無臭にできます!

10代の人に伝えたいワキガ対策

女子高生

思春期を向かえた多感な時期に、ワキガのニオイを不意に指摘されてしまうと、深く傷ついてしまうかもしれません。

日本人の場合、ワキガ体質を持つ人の割合がおよそ10%と全体的に少数派のため、自分だけがワキガなんじゃないかと、落ち込むこともあるでしょう。

悩み過ぎて手術を考えることもあるかもしれません。

でも待ってください。

日本人のワキガ体質が10%でも、欧米人のワキガ体質の割合は80%以上。

欧米人のほとんどはワキガ体質なのに、ワキガ手術をする人はほとんどいないのです。

かと言って、ワキガ臭をムンムンと漂わせているわけではありません。

欧米では、学校や家庭で徹底したワキガ対策の教育が行われているため、毎日ワキガケアを行い習慣化するようにしているのです。

ワキガは毎日のケアで無臭にすることができるのです。

欧米人のワキガ対策

欧米人

欧米人のワキガ対策は朝シャワーとワキガ専用デオドラントを使用することです。

  • 朝シャワー
  • ワキガ専用デオドラントの使用
欧米ではニオうのが当たり前で、ニオイケアは義務という常識です。

そのため、欧米で使用されているデオドラントは持続力が高く1度ケアすれば1日~3日間ニオイを抑える効果が持続することで知られています。

最強のデオドラント

日本でも購入できるおすすめの海外製デオドラントは、「デトランスα」と「シークレット」の2つです。

デトランスα(デトランスアルファ)

\デトランスαの詳細はこちら/
お試しモニター

シークレット(スティックタイプ)

海外製のデオドラントは、日本人が使うと「肌トラブルを招くことがある」といった難点があります。

より高い持続力を求めて海外製のデオドラントを使用したいと思う人は多いのですが・・・。

実際に使用した人の口コミを見ると、かゆみが出たり炎症が起きたりして、とてもじゃないけれど継続して使えない・・・といったような感想が目につきます。

じゃあ欧米人は平気なの?となりますよね。

厚生労働省の産業医学総合研究所の研究まとめによると、欧米人の皮膚の角質層は日本人よりも厚いという研究結果が出ています。

このことから、欧米人はもともと日本人よりも肌刺激に強い、ということがわかります。

もし、海外製のデオドラントが自分に合うのであれば、欧米人と同じように効果的なワキガ対策ができるので、迷わず海外製デオドラントを選択しましょう。

日本のクリアネオ・ノアンデなどのデオドラントの場合は、軽度のワキガであれば朝~晩まで持続する効果が期待できますが、重度の場合は平均的に朝~昼過ぎまでしかもたない・・・といったように持続力に劣ります。

重度の場合は、1度拭き取って塗りなおす必要があるということですね。

ただ、肌に優しい成分で作られているので海外製デオドラントのような肌トラブルで悩むことはほぼないでしょう。

脇の拭き過ぎや自分に合わないデオドラントの使用、わき毛の処理などで肌荒れを起こしてしまうと、肌の免疫力が落ちてワキ臭が増強してしまいます。

クリアネオを塗れば荒れた肌の健康を取り戻せるため、ワキ臭が軽減するといった利点があります。

このように、ワキガのニオイの強弱・肌質には個人さがあるため、まずは自分に合うデオドラントを見つけることが第一歩です。

通常「ワキガ臭がまったくしない」大人はいませんから。

\クリアネオの詳細はこちら/
モンドセレクション銀賞受賞 クリアネオクリーム

\ノアンデの詳細がこちら/
NOANDE【ノアンデ】

ワキガ対策に効果的なデオドラント

ワキガ対策にはスプレーやロールオンではなく、無香料のクリームタイプ(ジェルタイプ)をおすすめします。

まず、香料が入っていると、もしワキガ臭と混ざった時に異様なニオイになってしまうため、ぜんぜんおすすめできません。

クリームタイプを使用する理由は、スプレーやロールオンよりも有効成分を長く脇に留めておくことができるからです。

以下に目安をまとめました。

軽度の場合(普通肌)

安く購入できる、デオナチュレ・リフレアなどドラックストアやネットで販売されているデオドラントがおすすめです。

普通肌で、軽度であれば満足できるワキガ対策ができるでしょう。

軽度~中度の場合(敏感肌)

クリアネオノアンデなどのワキガのトータルケアができるデオドラントがおすすめです。

お肌が弱い人でも子供でも使える、安全なワキガクリームです。

皮膚を健やかに保つ成分も配合されているので、ワキの臭いが軽減する効果も期待できます。

ワキガだけではなく全身のニオイの抑臭にも使えます。

重度の場合

デトランスαシークレットなどの海外製のデオドラントがおすすめです。

デトランスαは液体です。

ワキガクリームとは違う成分でワキガ臭にアプローチします。

例えるなら、ワキガの原因になる汗が出ないように「ラップする」ような使用感ですね。

シークレットは、スティックのり風の固形タイプ・ワックスのようなジェルタイプがあり安価で購入できます。

ただし、ワキガの原因になる汗が出ないように「のりで蓋をする」ような感覚で使用しますので、落としたい時には多少苦労します。(落とさないと痒くなってくる可能性があります)

おすすめはデトランスαです。

ワキガ臭が軽度であれば日本製の安価なものでもワキガ対策ができますが、中度~重度になると効果が持続しないといった不満を感じてしまうでしょう。

自分に合うデオドラントがどれなのかは試してみないとわからないので、まずは自分に合ったデオドラントを見つけましょう。

20代の人に伝えたいワキガ対策

学生の時は、栄養バランスの考えられた学校給食があり、体育の授業や通学で歩いたり自転車に乗るなどの運動習慣があって、良い生活習慣を送れていたので、ワキガをはじめとする体臭はそこまできつくなることはなかったはずです。

しかし、社会人になって食生活が偏よったり運動習慣が減るなど生活習慣が乱れてくると、ワキガや体臭がきつくなっていることに気づくでしょう。

でも、なぜ体臭がきつくなったのかを理解している人は少ないと思います。

体臭がきつくなる原因は4つ

体臭がきつくなる原因は主に以下の4つです。

対策方法も一緒に紹介していきます。

食生活

肉・乳製品などの動物性たんぱく質や脂質の取り過ぎは体臭が悪化する原因になります。

栄養バランスのとれた食生活を心がけましょう。

食前に梅干しを1個食べたり、食事のお供に緑茶を飲むようにすると体臭予防に効果的です。

運動不足

ある程度の運動習慣がないと、老廃物が蓄積されて体の巡りが滞ることで体臭がきつくなることがあります。

特に、老廃物を回収してくれるリンパ管は、血液を循環させる心臓のようなポンプ機能を持たないため、運動などによる刺激を与えないと滞りがちになってしまいます。

おすすめは、週に2~3回程度30分間の早歩きをする・スクワットなどの筋トレを習慣にすることです。

ストレス

ストレスを感じると活性酸素が発生して体内を酸化させます。ストレス過多の状態が続くと体臭がきつくなります。

適度な運動をし、抗酸化作用のある野菜や果物などを積極的に取るようにしましょう。

便秘

便秘で腸内環境が悪化すると、悪臭のもとが血中に取り込まれることで体臭がきつくなります。

便秘はあらゆる面に害を及ぼすので、適度な運動をしたり、乳酸菌を含むヨーグルトを食べたり食物繊維を摂取したりして、極力便秘を放置しないようにしましょう。

30代~40代の人に伝えたいワキガ対策

体も若い時のように動かなくなり、老化を感じはじめる年代。

何もケアをしないとどんどん、ワキガや体臭がきつくなってしまいます。

この年代になると、ワキガ体質ではなくてもワキガ臭が強くなって、ワキガに悩む人が出てきます。

食生活・運動習慣・便秘に気をつけ、ストレスをため込まないようにしましょう。

50代~の人に伝えたいワキガ対策

ワキガは、性ホルモンの分泌が関係しているため、女性が閉経を迎える年代になるとニオイが軽くなってきます。

しかし、それ以外の加齢臭や疲労臭などのニオイが混ざってしまうと、いつまでも体臭を気にする生活を送らなければなりません。

やはり、食生活・運動・ストレス解消・快便習慣が肝になります。

30代ワキガ女性からのアドバイス

ここからは、30代ワキガ体質の女性からの「ワキガと体臭について」のアドバイスを掲載しますので、参考にしてみてください。

率直に、私はワキガです。

ワキガ対策をしないと必ずワキガ臭が出ます。

だから、ワキガクリームの<クリアネオで毎日ワキガ対策をしています。

ワキガ対策の場合は、制汗スプレーやロールオンなどの液体タイプのデオドラントよりワキガクリームがおすすめです。

というか、ワキガクリームでワキガ対策するのが必須だと思います。

ワキガや体臭が強かったり脇汗が気になる時にデオドラント製品を使いますが、体臭の原因を知った上で一番合っているものを選ばなければちゃんとした効果は得られないんです。

デオドラント製品を購入する前には、ワキガ体質なのか汗っかきなのか、皮脂が原因なのかと臭いの要因が何なのかを特定することが大切だと思います。

ワキガ体質ならワキガクリーム・汗っかきならスプレー・ロールオン・皮脂が原因なら汗ふきシートをメインに使うといった感じです。

ちゃんと理解できれば、対処方法は自ずと決まってくるんです。

日本では、体臭が出ているということは不衛生、かつ臭いというイメージが定着していますよね。

毎日、お風呂に入ったりシャワーを浴びて体をキレイにしているのに体臭が気になるのであれば、体質改善が必要になると思います。

体質改善するには、和食を中心としたヘルシーな食生活を習慣にすることをおすすめします。肉やファーストフードの食べ過ぎ、お酒の飲み過ぎはよくありません。

運動は、週に3回程度で30分くらい、汗が流れるくらいウォーキングするのがおすすめです。

汗をほとんどかかない人は汗腺の働きが悪いので、結果的に悪い汗をかいてしまい、体臭がきつくなってしまいます。

汗をかかないようにするより、汗をかく習慣をつけたほうが体臭対策にも健康にも効果的なんです。

このように、体臭は食事の見直しや運動をすることで改善されていきます。

本当です。

ただ、すぐには難しいので日頃の入浴+デオドラント対策は必要不可欠です。

汗は時間が経つと臭くなるため、汗をかいたら放置しないで汗拭きシートで拭きとるなどの対策をすることが大事です。

暑くなくても洋服が濡れるくらい汗をかいてしまう多汗症の方の場合、心労はかなり奥が深く普通の暮らしに影響が出るほど辛いものですよね。

多汗症の手術には神経を切るという方法がありますが、切ったところの汗は出なくなるけれど、別の場所から大量に発汗するようになることがあるため安易に神経を切るという選択はできません。

ある女性は、手汗が酷くノートがベタベタになったり、スマホが手汗で故障するという事態に疲れて、手の汗腺の神経を切りました。

手汗はぴったりと止まりましたが、今度は胸部周辺から大量の汗が出るようになり、服を何度も着替える羽目になりました。

多汗症は精神的にストレスを感じると特に大量に発汗してしまうので、ストレスをため込まず穏やかに生活することが1番の解決策ではないでしょうか。

自分がストレスを感じることを極力やめて、自然と触れ合ったりするような環境であったり、汗を気にせず楽しめる職場を選択するといいかもしれません。

次に、口臭対策についてですが、口臭対策として多くの歯医者さんが推奨するのはガムを噛むことです。

さらに、口臭予防のサプリメントや口臭のもとになる飲食物に気をつけたり、虫歯のある人は虫歯を治療するなど、状況に応じた方法を選ぶことをおすすめします。

不規則な生活やストレスの蓄積、日常での運動不足や偏りの多い食生活は、まるまる体臭の増強する原因になります。

ですから、体臭を疑うようになったら、まず生活習慣を見直すことをおすすめします。

体臭の自覚がありながら手を打たないというのは、他人に不快な気持ちを抱かせる「スメハラ」になってしまいますからね。

食事内容の改善や定期的な運動というのは、そんなに繋がりがないように思えるでしょうが、嫌な汗を抑える方法ということでは王道と言えます。

ワキガ対策はワキガクリームを使用する、毎日の食事内容の見直しをする、最終的には医療機関での手術など色んな方法がありますので、ベストなものを選んでくださいね。

\私のおすすめはこれ!/
「汗とニオイ対策で女子力UP」

体臭で悩みたくないなら汗と菌の関係を知ろう!

脇の綺麗な女性

体臭の中でもワキガのような独特なニオイはスメハラと呼ばれ、他人を不快にさせます。

そんなワキガは、食事に気を使うこと運動を適度にすることで抑えることが可能なのですが、まずはニオイが発生する原因を知ることが大切です。

ワキガのニオイを抑えるポイントは体内から発生する汗と菌の関係を知ることです。