ワキガの臭いを消すためにワキガが発生する仕組みを知る事が重要!

ワキガの臭いを消すためにまずやるべきこと。

それは、なぜワキガ臭が発生するかを知ることです。

仕組みを知れば、おのずと答えは見えてきます。

ワキガの臭いを消すためにワキガが発生する仕組みを知る事が重要!

<脇の断面図>脇の断面図

ワキガの臭いは、皮膚にある2つの汗腺の1つ「アポクリン汗腺」から出る汗を、皮膚にいるワキガ菌が分解されることで発生します。

ワキガの臭いが強い人は、アポクリン汗腺の本数が多くて大きく発達しています。

アポクリン汗腺はワキ・性器・肛門周り・へそ周り・耳・乳首など体毛のある限られた場所にある汗腺で、頭皮にはありません。

アポクリン汗腺から出る汗じたいに強い臭いがあるわけではなく、出たばかりの汗はほぼ無臭です。

アポクリン汗腺から出る汗には、たんぱく質・脂質・糖質・鉄分・アンモニアなどの栄養が含まれています。

少し粘り気があって白っぽい汗です。

この栄養たっぷりの汗を、どこにでもいる「コリネバクテリウム属の細菌・ジフテロイド」が分解することで、きついニオイが発生するのです。

通称ワキガ菌と言われるジフテロイドは、アポクリン腺から出る汗を栄養源にしているので、ワキガ体質ではない人の脇にはほとんど生息していません。

簡単に言うと、アポクリン汗腺から出た汗とジフテロイドが結びつくことでワキガ臭が発生してしまうということです。

アポクリン汗腺から出る汗以外にも、エクリン腺から出る汗・皮脂・アカなどの栄養により黄色ブドウ球菌などのニオイ菌も増殖します。

どちらも、菌が栄養を分解することで刺激のあるニオイが発生しますが、ジフテロイドや黄色ブドウ球菌などの菌が発生させるニオイが混ざると、より強いニオイが出るのです。

これを踏まえてワキガの臭いを消すための方法を見ていきましょう。

ワキガ菌を殺菌する

ワキガの原因は、アポクリン腺から出る汗と菌。

ワキガ臭を消すためには、まずこの菌を殺菌してしまえばいいわけです。

ワキガ菌はオキシドールやエタノールで殺菌することができ、その殺菌効果は~12時間ほど続くとされています。

ただ、オキシドールやエタノールはたまに使うならOKですが、使い続けることはおすすめできません。

なぜならば、これらは殺菌してはいけない常在菌も殺菌してしまうからです。

加えて、脇の皮膚は薄くてデリケートなので、オキシドールやエタノールでは刺激が強すぎます。

使い続けると、かぶれて赤くなったり痛みがでたりと皮膚トラブルを招いてしまうでしょう。

そうなると皮膚の免疫力が落ちてしまうので、雑菌が繁殖して結果的にワキガの臭いがより強くなってしまいます。

大事なのは、皮膚の健康を守りながらワキガ菌を殺菌していくことです。

今、主流の殺菌成分はイソプロピルメチルフェノールというものです。

イソプロピルメチルフェノールは殺菌・抗菌効果が高く安全性も高い成分で、口紅やクリームなどの化粧品にも使われています。

細菌 殺菌効果
参考:ウォシュボンG技術資料

アポクリン腺を塞いで汗を抑える

ワキガ原因のもうひとつは、汗です。

汗が出なければ、菌が汗を分解することはありません。

ですから、汗が出ないように汗の出口を塞ぐことがワキガの臭いを消すポイントです。

汗の出口を塞ぐ作用があるのは、収れん剤と言われるパラフェノールスルホン酸亜鉛という成分です。

パラフェノールスルホン酸亜鉛は、アポクリン腺から出る汗に多く含まれている「タンパク質」と結合することで固まり、汗の出口を塞ぐ効果があります。

汗腺を塞ぐためには、パラフェノールスルホン酸亜鉛が含まれているデオドラントを使用し続けることがポイントです。

でも、汗を止めてしまって大丈夫?と不安になる人がいるかもしれませんね。

体臭・多汗研究所所長・五味クリニック院長の五味先生によると、脇汗を止める程度なら問題ないということですよ。

ただし、できるだけピンポイントで使ってくださいとのことです。

ワキガの臭いを消すためにはワキガクリームがおすすめ!

ワキガ対策のデオドラントはクリームタイプが基本です。

当サイトでは迷って決められないという人に、クリアネオをおすすめしています。

クリアネオは、上記で紹介したワキガ菌を殺菌して汗を抑える成分が配合されています。

肌にも優しくお子さまでも使用できるクリームです。

ワキガで悩んでいるならまず、クリアネオをチェックしてみてくださいね。

返金保証もついてますから!

\クリアネオをチェック!/クリアネオ