本当に効くすそわきが対策はこれ!5つのポイントを押さえればOK

男女

誰かに相談しずらいデリケートゾーンのニオイ。その中でもすそわきがのニオイは特に気になるニオイですよね。そんな、気になるすそわきが臭を抑えるために効果的な方法をまとめました。

本当に効くすそわきが対策はこれ!5つのポイントを押さえればOK

さっそく、すそわきが対策に効果的な5つのポイントを紹介していきます。

  1. 最重要は食生活に気をつけること
  2. 有酸素運動をして汗腺を鍛える
  3. ストレスを発散する
  4. 便秘は大敵
  5. デオドラントクリームを使う
この5つのポイントに気をつけることは体臭予防にもなります。

体臭がきつくなればすそわきがのニオイもきつくなるので、体臭対策はすそわきが対策に必要不可欠です。

順番に詳しく見ていきましょう。

①最重要は食生活に気をつけること

食生活と体臭の関係は切り離して考えることはできません。

動物性のたんぱく質・脂肪の取り過ぎは悪臭のもとです。

栄養バランスのとれた食生活をすることが「すそわきが対策」になります。

野菜・果物・豆類・キノコ類・海藻など食物繊維が豊富で抗酸化作用にあるアルカリ性の食品を食べるように心がけましょう。

ただし、ニオイが気になるからと言って、動物性のたんぱく質・脂質をまったくとらないことは健康のためにおすすめできません。

適度であれば、肝臓がニオイのもとを分解してくれますので体臭に影響は出ないでしょう。

食前に梅干しを1個食べたり、食事の時には緑茶を飲むといった習慣をつけると体臭予防に効果的です。

押さえておきたいポイントは「栄養のバランス」がとれた食事をすることです。

1品目の食べ過ぎや飲み過ぎは健康を損ねる恐れがありますので、栄養のバランスを意識するようにしましょう。

まごわやさしい

体臭予防に効果的な食材は「まごわやさしい」で覚えましょう。

ま:まめ
大豆・小豆・黒豆などの豆類。納豆・味噌・豆腐・油揚げなど大豆食品は豊富。たんぱく質・ミネラルが豊富で「畑の肉」と言われています。
ご:ごま
ごまは、たんぱく質・脂質・ミネラルが豊富で抗酸化作用があります。栗・くるみ・アーモンド・ピーナッツなどもいい。細かくすると効率よく吸収されます。
わ:わかめ
わかめは、ミネラル・食物繊維が豊富。ひじき・もずく・昆布などの海藻類もいい。腸内環境の改善や新陳代謝を促進する効果があります。
や:やさい
野菜はビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富。皮膚や粘膜を健康に役立ち、腸内環境を良好に保ちます。
さ:さかな
魚類は、たんぱく質を豊富に含む。あじなどの青魚はDHA・EPA・タウリンを含み、血液中のコレステロールを減らして血液をサラサラにする働きがあり、疲労回復にも効果的です。
し:しいたけ
しいたけは、ビタミン・ミネラル・食物繊維がたっぷり。カルシウムの吸収を助けるビタミンDも豊富。まいたけ・しめじ・エリンギ・マッシュルームなどもいい。カロリーが低くダイエットにもgood。
い:いも
じゃがいも・さつまいも・里芋などの、いも類。食物繊維・糖質・ビタミンCが豊富で腸内環境を整える。美肌効果もあります。

要するに「和食」がいいということです。

②有酸素運動をして汗腺を鍛える

ウォーキング・ランニングなどの有酸素運動は、血流を高めて老廃物を排出するのに効果的です。

知らず知らず蓄積される老廃物は体臭が増す原因になってしまいます。

また、汗をかかないことはエクリン汗腺の働きを鈍らせて、結果的に悪い汗をかくことにつながります。

エクリン汗腺からは通常であればほぼ水分の汗が出るのですが、汗腺の働きが悪いとミネラルや養分も排出されてしまいます。

そうなると、これらをエサとする菌が増殖してしまい汗臭さが増してしまいます。

体臭予防のために、適度な有酸素運動を習慣にするようにしましょう。

③ストレスを発散する

ストレスを感じると体内で活性酸素が発生します。

ストレスを上手に発散しないと、この活性酸素によって体の酸化が促進されるため体臭が悪化します。

また、過度なストレスを感じると胃腸の働きが弱まって消化不良が起こり、便秘になりやすくなります。

さらに、ストレスを感じると交感神経が高ぶって汗腺が刺激されます。

汗腺が刺激されると分泌される汗の量が増えるため、結果的にすそわきがの臭いが強くなります。

過度なストレスを感じたら20~30分程度のウォーキングをするなど適度な運動をしたり、抗酸化作用がある果物や野菜を食べるように心がけましょう。

汗をかかない努力をするよりも、普段から汗をかいて汗腺を鍛えるほうが体臭予防に効果的です。

④便秘は大敵

便秘になると、便が腐って発生する毒素が血液中に吸収されてしまいます。

毒素は、通常であれば腎臓でろ過されて浄化されますが、ろ過しきれなかったぶんは「汗腺や生殖器」などから発散されるため、すそわきがの臭いを増強させてしまう要因になります。

便秘は大敵です。

食物繊維が豊富な野菜・海藻・きのこ類、乳酸菌を含むヨーグルト・発酵食品などを食べるように心がけましょう。

小食や運動不足でも便秘になることがあるので、適度に食べて適度に体を動かすことが大切です。

⑤デオドラントクリームを使う

すそわきが対策には、クリームタイプのデオドラントを使いましょう。

デオドラントには、消臭スプレーやロールオンがありますが、すそわきがにはぴったり密着して効果が持続する「クリームタイプ」が1番おすすめです。

陰毛が多い場合は短くカットしてから塗り込むといいでしょう。(カミソリで剃るとかゆくなるのでNG)

クリームタイプのデオドラントはいろいろありますが、返金保証がついているクリアネオノアンデがおすすめです。

クリアネオ・ノアンデは「ワキガ」だけでなく、「すそわきが」にも使用できるお肌に優しいデオドラントクリームです。

クリアネオはよく伸びる柔らかいクリームタイプ、ノアンデは浸透力に優れたきめ細かいクリームタイプ。

使用感が異なる2種類のクリームから、自分に合ったほうをチョイスしてみてくださいね。

すそわきがに使えるおすすめのクリーム

すそわきがはどこから臭うの?

ここからは、すそわきがについて掘り下げて解説していきます。

すそわきがの原因になるアポクリン汗腺は、陰毛(おしりの毛も)が生えている毛穴にあり、粘膜にはありません。

アポクリン汗腺から分泌した汗を、陰部に生息する菌が分解してでる強いニオイがすそわきがのニオイです。

陰毛はニオイを吸収するため、洗浄しなければ長い時間ニオイが陰部に留まります。

つまり、すそわきがは陰毛が生えている場所と陰毛から臭うということです。

すそわきがはどんなニオイがするの?

すそわきがのニオイは

  • 玉ねぎ・ネギのようなツンとしたニオイ
  • スパイシーな香辛料のようなニオイ
  • 鉛筆の芯のようなニオイ
  • 生乾きのようなニオイ
  • 納豆・足臭のようなニオイ
がすると言われています。

陰部は、下着に覆われているため蒸れやすくて菌が増殖しやすい環境なので、どんどんニオイが強くなってしまいます。

さらに、すそわきが臭とおりもの臭が混ざると、ニオイが増強してしまうので厄介なのです。

すそわきがのにおいは自分でわかる?自覚できるの?

人間は自分のニオイには鈍感になっているため、自分がにおっているかどうかを自覚するのは難しいかもしれません。

基本的に、すそわきがはワキガ体質の人がなる症状なので、気になった人はまずワキガかどうかをチェックをしてみましょう。

チェックワキガチェック|ワキガ体質を疑ったらまず自己診断からスタート

目で見てわかる方法は、下着に普通に洗濯しただけでは落ちない黄土色のシミがついているかどうかです。

すそわきが対策にはナプキンが効果的

すそわきがの原因になるアポクリン汗腺からは「リポフスチン」という黄色い色素成分が分泌されます。

この色素成分は血液と同じように落ちにくいため、下着のシミ汚れに悩まされることになるでしょう。

この色素成分が付着しないようにナプキンを使用するのは効果的なことです。

汚れたら取り換えることができるのでニオイの軽減も可能です。

ただし、汗をかきやすい季節は通気性をよくしておいたほうがニオイ対策になります。

夏場は通気性がいい綿100%の下着をつけて、シミが付着したらハイターで浸け置き洗いする方法がおすすめです。

よろしければ以下の記事も参考にしてください。

洗いたてのシャツワキガが原因の汗ジミに!黄ばみ・ニオイを消す最強アイテム

すそわきがの手術

すそわきがは医学用語で「外陰部臭症(がいいんぶしゅうしょう)」と呼ばれています。

すそわきがには医学用語がつけられていますが、手術を受けたい場合は保険適用外になり30万円~の高額な費用がかかります。

ワキガの手術の場合は、両脇で5万円ほどで受けられる保険が適用される手術があります。

手術をすればニオイがなくなる可能性が高いですが、手術を受けるのは怖いし費用も高い・・・と感じる人は多いですよね。

手術は最終手段にして、まずは日常生活で実践できることから始めてみてください。

すそわきが対策のまとめ

すそわきがは食生活に気をつけて適度な運動をし、デオドラントクリームで対策すれば抑えることが可能です。

このような生活スタイルは、もちろんワキガ対策にも効果的ですし心身の健康にも役立ってくれるでしょう。

すそわきがに悩んでいる人は、自分ができることから少しずつ実践してみてくださいね。

すそわきがに使える安いクリームはこちら

すそわきがにも使えると記載がされていたデオドラントクリームです。

粘膜をさけて、毛穴がある場所に塗り込むと効果的です。

➡スマートデオの口コミはこちら

➡デオフィールの口コミはこちら